HOME(やわら整体院)> 膝痛【長久手市在住 S.T.様 女性 59歳】
   

膝痛【長久手市在住 S.T.様 女性 59歳】

2019年05月20日

主訴

 

膝痛

 

概要

 3年前から膝の痛みはある。

これまでは、年一回病院で膝の水を抜いていた。

3ヶ月前から膝の痛みが強くなり週一回のペースで膝の水を抜くようになるが、痛みが軽減されることはなく繰り返し膝の水を抜いていた。

膝の痛みが強くなってからは、しゃがめなくなり動きが思ったように取れなくなっているとのこと。

当院に来るきっかけは、当院に通院いただいている方からの紹介

 

検査

・膝全体がぼてっとして、輪郭がない。

・O脚もかなりきつい。

・体の動きは健康時に対して半分しか動いていない。

・両足の関節、特に右足の関節が固くアライメント(骨の並び)が崩れている。

P-TAPテスト(+)

 

初回のヒアリングと検査をした結果

 

膝の痛みの原因は、足首のアライメントの崩れと骨盤部の傾き

 

施術

 

初回は、他に原因はないか細かく検査をしながらすすめる。

足の歪みの影響で骨盤も傾きが出ていたので、骨盤の傾きの調整をする。

膝に炎症が起こっているため、初回は膝自体の調整はおこなわない。

周りの問題を解決して体の反応を見る。

 

初回の施術はここで終了。

 

2回目(初回から3日後)

 施術後、反対側(左側)の膝が痛くなったとはなされた。

膝の水を早く吸収させる目的で、圧迫サポーターをはいてもらうよう指導。

 

3回目(初回から5日後)

 痛みが引いてきた。

病院にて膝の水を抜いた際、水の量が少なくなったので、月に1回の通院のペースになったとのことで喜んでおられた。

 

4回目(初回から10日後)

 引き続き痛みはないとのことで、膝自体に少しストレッチをかけた。

 

5回目(初日から13日後)

痛みはなく、膝は輪郭が出てきた。輪郭に左右差がほとんどなくなってきている。

 

その後、あまりに膝の調子が良かったので畑を30分やったところ、膝裏に痛みを感じた。

この段階だと痛みはなくなっているが、炎症はまだある可能性がある。

根本改善したいとのことで、さらに体の軸を整えていく。

 

まとめ

S.T.さんの場合、膝自体に根本的な問題はなく。

足首のアライメントの崩れと骨盤部の傾きに根本的な問題があるため、膝の水を抜き続けても膝は良くならなかった。

このように、痛みがある場所に根本的な問題があることは少ない。

S.T.さんはコンサートが好きで、コンサートに行ったときに自由に動きたいとのこと(ジャンプしたい!(笑))、仕事もバリバリ動きたいとのこと。

長年、膝の水があることにより足の筋肉のバランスが崩れていき、膝の関節の変形してしまっていた。

ただ、S.T.さんのように膝が変形していても、お体を調整することで膝が改善することがよくあります。

あきらめずに、ご相談くださいね!

 

【K.S.さんの喜びの声】

当院にこられる前、どのような症状でお困りでしたか?

「毎週、膝の水を抜いていた。」階段は1段ずつおりていた。正座ができない。

施術を受けていただいた感想をお願いします。

膝の痛みも取れて、動きやすくなりました。

改善してよかったこと、お体について知ることができたことはありますか?

・職場の方に痛みが強い時はフォローして頂いてましたが、今は足に不安が少なくなり自信が持てたかなぁーと感じています。

知人友人にお勧めしたい思いますか?

・ぜひおススメしたい。

同じような症状の方へメッセージをお願いします。

・自分にあった先生に出会えるととてもうれしいです。「がまんしない」で下さーい。


やわら整体院について

〒470-0202 愛知県みよし市三好丘2丁目6-3 ラポール三好丘1B

※祝日は休業 ※土曜日は 13 時まで

まずは一度お電話ください

施術中はお電話に出られないことがあるため、留守番電話にご連絡先をお知らせくださいませ。
折り返しご連絡させていただきます 。

© 2019 やわら整体院
友だち追加